プロジェクトEGG様より許諾済みの画像を使用しております。画像、文書の2次使用は禁止。

ESP死闘編
終盤の攻略  ここまで来ていれば、自分のとるべき立場は決まっているだろう。ゲームオーバーは多く、回避する事は難しい。すぐにやり直せばよいので動揺することはない。
 第9章。ここには有名なハマリがある。ハマった人は心当たりがあるだろう。さかのぼってやり直すこと。
 第10章。いくつかのゲームオーバーに注意。同じ行動の繰り返しがカギを握る。
 第11章。ゲームオーバーを繰り返しながら先へ進むしかない。何が正解なのか、それは行動してみないとわからない。犠牲を恐れていては闇の一族の野望を止めることなどできない。
 第12章。ここまできたら焦ることはない。スタッフロールの流れる正規エンディングは2種類で、条件分岐は簡単。
第9章 逃亡
深雪と共に逃げ込んだのは、内閣情報部の深雪の個室。
ここも安全ではなかった。二人は逃げ出す。
地下下水道を行く。
紗夜姫に行く手を阻まれた!
闇の者に行く手を阻まれた!
そのとき、一人の男が現われた。
男と共に、安全な場所に逃げ込んだ。
彼の名は白井。テレポートを得意とする光の戦士だ。
彼の助言を受けて、光の戦士を探すこととなる。
第10章 光の戦士
加茂の屋敷で、いきなり危険な状況に陥る。
なんとか切り抜けたが、加茂屋敷の警備は厳重だ。
黒い党は現実に存在していないのか、
テレポートで移動することができない。
草薙の部屋は荒らされていた。闇の一族の仕業だろう。
その時、電話のベルが鳴る。坂本だ!今までどこに…
とある場所で、男と出会った。
彼の名は雪沢。彼も光の戦士だ。
別の場所で出会った男、白鳥。
彼は光の戦士なのだろうか?
そして、念動力を得意とする男と出会う。
ピンチだ!
5人目の仲間、光本はテレキネシスの使い手。
頼りになる仲間たちとともに、最終決戦へ挑む。
第11章 激闘
加茂屋敷の庭。闇の者たちが待ち構えている。
彼らが訓練された者であることに加え、
背後では、加茂が強力なESPで支えている。
隙を作ることなどできるのだろうか?
隙を作ることができずに、加茂に時間を与えてしまうと…
むやみに命を失うわけにはいかないが、
犠牲を恐れていては闇の一族の野望を止めることなどできない…
屋敷の中に入り込んだ。
勝手知ったるなんとやらだが、
あのときの知識が役に立つのだろうか?
加茂と初めて面会した和室。
ここにも闇の者は待ち構えている。
画面の意味は、プレイヤー自ら確認して欲しい。
闇の者の手を切りぬけ、板張りの間へやってきた。
またも犠牲者が出てしまった。
これ以上、犠牲者を増やすわけにはいかない。
そして次の部屋。水が渦巻いている。これは幻覚なのか?
第12章 闇の波動
暗闇の部屋へやってきた。
加茂と紗夜姫が待ち構えている。
ここから先は、自らの手で確認して欲しい。
剣の祭壇とは?
波動とは?
黒い塔とは?
両刃の剣とは?
全ての謎に、ある形で答えが出せるだろう。
プロジェクトEGG様より許諾済みの画像を使用しております。画像、文書の2次使用は禁止。


新聞記者草薙編

運命流転編

戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO