プロジェクトEGG様より許諾済みの画像を使用しております。画像、文書の2次使用は禁止。

アルテック 〜 
 進入可能となったアルテックへ向かう。アルテックにはポートOUTが存在しない。ディクトの超能力を準備して出撃だ。
 ここでも敵の攻撃はシールドを貫いてくる。このエリアでは仲間が登場しないので、スペースキー押しっぱなしの攻撃モードで対応しよう。
 ポートIN近くのGATEに近づいたところ、突然センサーが作動してダメージを受けた。登録してある網膜パターンと一致すればいいらしいのだが、どうすればよいのだろう。
 基地の片隅で転送装置を発見した。受信専用はこれまでの基地でも数多く見てきたが、これは送信用だ。使うためにはEパックが必要。探し出そう。
 アルテックではただでさえ強力な敵が目白押しで襲い掛かってくるのだが、あるエレベーターを上がるとさらに敵が強力になる。おまけにルゴローネというバイオビーストまで出現するようになる。Yontryを充分に持って行動すべし。
 なお、ルゴローネの弱点はタトゥールメンと同じだ。
 このエリアではピオンを仲間にすることができる。これまでのどの仲間をも凌ぐ最高のPOW、ESPの持ち主だ。仲間に加えればきっと貢献してくれるだろう。
 このエリアに入ってすぐのGATEで、またセンサーが作動した。網膜パターンだけを調べているわけではないようだ。何が調べられているのか全くわからない。
 今は通ることができないので、こだわらずに先へ進む。
 ついにEパックを発見した。これで転送装置を動かすことができる。
 このエリアにはARMストックがあるのだが、センサーとGATEによって守られている。GATEはDEFENCEからの操作で開くことができるものの、センサーを通過することでまた閉じてしまう。
 要するに、GATEの開いた状態でセンサーを飛び越えてしまえば問題はない。  書くだけなら簡単だが、実行には勇気と行動力が必要だ。
 アルテックのさらに高層階へ進むと、敵もさらに強力になる。さらにサイコバリヤーなるものまで出現する。通過するたびに仲間一人のPOWとESPが半減させられる。厄介なシロモノだ。
 バイオビーストも出現する。このバイオビースト、アンバトゥーには今までの火炎放射器は通用しない。カートリッジをKARMUCHに入れ替えて、フリーズドライガンで撃退しよう。
 最上階でサイコOFFという設備を発見した。これでうるさいサイコバリヤーとはおさらばだ。
 このエリアにも転送装置がある。ここの転送装置には5つのレバーが備わっており、各レバーで行き先が異なるようだ。それぞれどこへたどり着くのか、自分の手で確認して欲しい。
 正体不明の基地に転送されてきた。マップセレクターを起動してみると、あの焼けこげた地図が選ばれた。
 パインファムという帝国一番の美人(自称)が登場するが、彼女は帝国軍兵士である。くれぐれも仲間とお間違えなきよう。
 ここでは最後の仲間が登場する。スプリンというショートカットの可愛い娘で、ウインクなどしてくれる。さて、彼女の能力はいかほどのものだろうか。
 VIOストックという設備は網膜パターンが一致しないと機能しないようだ。以前のGATEと同じ方法でクリアしたいところだが、いざ実行しようとすると、その状態でVIOストックに入ることができない。
 ここは、サイキックを複合させて攻略するのだ。
 ARMストックの手前にセンサーがあるが、アルテックと同様の方法で回避できる。ここでは唯一の攻撃型アイテム・サイコガンが手に入る(ターボガンはバイオビースト専用なので)。
 問題はその先にあるVIPルーム。アルテック同様、この基地の強力な敵と10連戦をして勝たなければならないのだ。
 この基地ではEパックが手に入るし、転送装置もある。となれば、脱出方法は説明するまでもないだろう。
プロジェクトEGG様より許諾済みの画像を使用しております。画像、文書の2次使用は禁止。

序盤へ←  →終盤へ

戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO